October 13, 2015

個展近づいてきました

10月31日〜12月6日まで、恵比寿のwaitingroomで個展します。
詳細こちらです。

世間はハロウィンでにぎわっている日ですが、オープニングには在廊するのでぜひ遊びに来て下さい。
よろしくお願いいたします。

11月2日から、ギャラリーから徒歩圏内にある代官山蔦屋の店内でも、
新作ドローイング何枚かと旧作ペインティングを今度発売する作品集といっしょに飾らせていただくことになりました。
なんと刺繍もついでに飾らせてもらえそうです。びっくりです。決まったらまた書きます。
作品集のこともまた後日書きます。
(お知らせ終わり)

名古屋の大きい画材屋さんで、油絵の具40パーセントオフの日というのがあって、7月に行ってきた。
数年やっている技法は白い油絵の具を大量に使うので、白の110mlチューブまとめ買いが目的だったのだけど、いつも使っているクサカベのが売り切れだった。
落ち込んでいたら、店員さんがクサカベの最高級シリーズ「ミノー」の白(一本3000円)を、今回だけふつうのシリーズ(一本2000円)と同じ値段で、しかもそこから40パーセント引きましょう!ミノーは本当にお薦めなので、これで気に入ったら次もミノーを使ってください、ぜんぜん違うから、良いから、と申し出てくれた。
すごいお得なありがたい話だ。
でもほんとにミノーがそんなに良かったら、嬉しいけど、もうふつうのには戻れないだろう、、これからずっとミノー買うの高い、、という矛盾した思惑で、そんな悩む?というほど悩んだ末やはり買った。
結果、格別に良かった。
想像以上の違いだった。
ナイフで盛ったとき、伸ばしたとき、ひっかいた時のライン、その上から着色した絵の具のノリも、発色も、ぜんぶがちがうのだった。
描いてる途中の気持ち良さが違うので、のびのび描けるというのも大きい繰り上げ効果。
やっぱりもうふつうのには絶対戻れないということになってしまった。
店員さんありがとう。
高い以外は全部最高。

ということで今回展示する絵で、途中から地の白が変わっているんだけど、
どれがミノーで描いたやつかクイズ出したい。

画像はミノー後きのう色塗った絵の一部分。

あと油絵は仕上げ2点、、その後ドローイング。
いっぱいいっぱいだけどゴールは見えてきた。